当学会について

グローバル経営学会とは

21世紀は、国境を越えて世界がひとつに結ばれるグローバル化が急速に進展している。そこで企業は世界中の国々に事業展開し、地球の自然と共生する企業を実現しようとしているが、世界的な経済環境の急変があり、景気の低迷やデフレなどに悩まされている。

企業はどのような時代にあっても、高品質な商品やサービスを維持して提供していくことが、企業の存在価値の源泉となる「顧客満足と信頼」につながる。但し、モノの価値は時代・国・ライフスタイルなどにより異なることを十分に理解した上で、流行と不易を見極める必要がある。

本学会も時代の変化に迅速に対処して、グローバル社会での色々な課題を解決しながら社会に貢献し、社会から信頼され続ける学会を目指して理論と実践の両面から研究を推進する。そこでは、勤勉で意欲的な会員が思う存分にその能力を発揮できる場所になるように配慮・工夫する仕組みづくりも重要と考えている。

世界中で進展し、日本では遅れていると感じられるグローバル化 に対処して、上述の目的を達成するために、グローバル経営や生産などに関連する分野を非営利で理論的かつ実践的に広く研究するための研究者集団を形成し、研究成果を普及させると共にグローバル社会に適応できる人材育成ができる学会を設立する。

学会の設立目的

当法人は、グローバル経営の研究及びその発表を通じ、産学交流によって、産業界に寄与することを目的とし、その目的を達成するため、次の事業を行う。

学会の設立目的事業

  • グローバル経営に関する調査研究
  • グローバル経営シンポジウムの開催
  • グローバル経営研究会の開催
  • ワークショップの開催
  • グローバル技術講習会の開催
  • グローバル経営研究に関する図書及び報告書の発行
  • グローバル経営研究に関係のある内外の学会、その他の団体との連携及び連絡
  • その他、当法人の目的を達成するために必要な事業

学会の特徴

当学会は、グローバル人材の育成、国際標準規格の提案と決定、国内産業の空洞化対策とグローバル人材の獲得支援、グローバル経営の戦略や理論研究、中小企業の海外展開支援とネットワーク化、その他、グローバル経営に関連する活動を理論的かつ実践的に展開していきます。

定款

定款詳細

Copyright © Global Business Society All right reserved.