定款と規約

定款

>> 定款詳細

プライバシーポリシー

個人情報の取り扱いについて

一般社団法人グローバル経営学会では、個人情報の重要性を認識し、お客様の個人情報を適切に取り扱い保護することが、事業活動の基本であるとともに、社会的責務であると考えております。そのため以下の個人情報保護方針を定め、適正かつ安全な管理の取り組みを実施してまいります。

適正な収集、利用

個人情報を収集する際は、あらかじめ利用目的を明示し、適正な手段により収集します。 収集した個人情報は、ご本人の同意がある場合や法令に基づく場合を除き、 利用目的の達成に必要な範囲内で利用します。

安全管理の実施

個人情報は、正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、漏えい、滅失、き損、 不正利用等の防止のため合理的な安全管理措置を講じます。 個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報を取り扱う従業者や委託先に対して、必要かつ適切な監督を行います。

権利の尊重

法令に基づく場合を除き、ご本人またはその代理人からの求めによる個人情報の開示、 訂正、削除、利用停止等に対応いたします。開示等に応じられない時は、その旨を通知いたします。

第三者への提供

原則として、ご本人の同意がある場合や法令に基づく場合を除き、個人情報を第三者へ提供いたしません。 ただし、業務上必要な場合で第三者に提供する際は、あらかじめその旨を明示してから行います。

苦情の対応

個人情報の取り扱いに関する苦情について、適切かつ迅速な対応をいたします。

[ 連絡先 ]  グローバル経営学会事務局 Eメール : gbs@gbs.or.jp

継続的改善

個人情報保護が効果的に実施されるよう、体制や管理について計画的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

法令遵守

適用される個人情報保護関連の法令や規範を遵守いたします。

個人情報保護管理者

(役職)事務局責任者

2011年3月1日制定

投稿規程

学会誌の目的

第1条
本学会誌は、グローバル経営の問題に関する領域における学術的、実務的研究の発展および普及のために、会員の独創的な研究成果を公表することを主たる目的とする。

学会誌の名称

第2条
学会誌の名称を「グローバル経営学会誌」とする。

投稿資格

第3条
学会誌への投稿者(連名者のうち一人以上)は当学会の正会員でなければならない。
2. ただし理事会で承認された場合はその限りでない。

学会誌原著の種類

第4条
学会誌に掲載する原著の種類は論文、研究ノートおよび事例研究・解説とする。

論文の基本的要件

第5条
論文はグローバル経営の問題に関する理論的、方法論的に新規性を有する内容であり、他刊行物に未発表であるものに限られる。また、論文はまとまった研究成果を公表するものであり、その研究目的と結論とが明示されていなければならない。したがって、事象列挙的なもの、研究の予告、中間報告的な内容のものは、論文として不適当である。なお論文は原則として当学会の研究発表大会において発表されていなければならない。

論文の分量および料金

第6条
論文には和文および英文でその内容を的確に表す表題を付すこと。ただし、必要に応じて副題をつけることができる。
2. 論文には本文の他に200語程度の英文要旨を添えること。
3. 全体は8頁以内を原則とし、掲載料15,000円とする。8頁を超過する部分については、1頁につき15,000円の超過掲載料を支払うものとする。
4. 投稿に際しては学会のフォーマットに準ずるものとする。学会フォーマット形式と異なる場合は形式を整えるための費用として一論文につき10,000円を徴収する。

論文の審査および掲載

第7条
論文の掲載可否については、2名以上のレフェリーの審査結果を基に、学会誌編集委員がこれを決める。審査結果によっては論文の修正が要請される。
2. 論文審査および掲載の細部に関する手続きは学会誌編集委員運営細則で定めるものとする。

研究ノートの基本的要件

第8条
研究ノートはグローバル経営の問題に関する理論的、方法論的に新規性を有する内容であるが、中間報告的な速報性を求める研究報告であり、他刊行物に未発表のものに限られる。

研究ノートの体裁および分量

第9条
表題、要旨、投稿用紙、枚数および超過掲載料については、論文に準ずるものとする。

研究ノートの掲載

第10条
研究ノートの掲載可否については、編集委員会がこれを決する。なお、必要に応じて研究ノートの体裁の修正が著者に求められる。
2. 掲載の細部に関する手続きは、学会誌編集委員運営細則で定めるものとする。

事例研究・解説の基本的要件

第11条
事例研究・解説はグローバル経営の問題に関する、現実事象から一般普遍的な理論を導出するための基礎資料の分析や、理論や方法を現実問題において検証した内容を取りまとめたものであり、他刊行物に未発表であるものに限られる。

事例研究・解説の体裁および分量

第12条
表題、要旨、投稿用紙、分量および超過掲載料については、論文に準ずるものとする。

事例研究・解説の審査および掲載

第13条
事例研究・解説の掲載可否については、1名以上のレフェリーの審査結果を基に、学会誌編集委員がこれを決定する。審査結果によっては内容の修正が要請される。
2. 事例研究・解説の審査および掲載の細部に関する手続きは、学会誌編集委員運営内規で定めるものとする。

版権

第14条
掲載された論文、研究ノートおよび事例研究・解説の版権は当学会に属するものとする。

書式及び送付先

第15条
論文、研究ノート及び事例研究・解説の書式については、論文執筆細則に定める。
2. 投稿原稿およびレフェリーの審査結果に基づく修正原稿は、学会誌編集委員会に送付するものとする。
3. 投稿原稿の受け渡しはインターネットを利用して行う。

Copyright © Global Business Society All right reserved.